太陽光発電をリフォームするメリット

売電量が少なすぎる? まずは症状・原因の確認が必要です

早くに搭載しすぎたと諦めていませんか。
載せ替えで今からでも十分に挽回可能です

現在の太陽光発電ブームとなるよりもっと早く、 例えば、今から5年以上前に太陽光発電を搭載された方のなかで、 売電量が減ってきている…、思ったように売電量が伸びない…。
早い時期につけたのだから仕方がない、 今、搭載していたら再生可能エネルギー固定価格買取制度の恩恵も受けられたのになぁ…とお悩みの方はおられませんか。
諦めるのは早いですよ。 載せ替えという選択肢が残っています。
太陽光発電は一度つけたらそれで終わりではなく、載せ替えることも多いにありなのです。

自宅の太陽光発電
売電の量も額も低い
古いから仕方ないのかもしれない…

古いまま、投資も回収されないまま、ずっとローンを払い続ける?
もうすぐ10年保証が切れてしまうので、いっそのこと、新しく載せ替えてみようかしら。

太陽光発電システムは意外と故障している

住宅用太陽光発電システムの発電性能が正常に稼動しているのか、設置当初より出力が弱まっていないか、疑問に思われたことはありませんか。搭載されてから、定期的に検査をされていますか。
5年以上前に搭載された案件のなかには、なんと売電が1ヶ月1kwというところもあります。
今の売電システムと比べても差がありすぎると思いませんか。
最近の太陽光発電ブーム前の太陽光発電は搭載後の検査が簡易で、基準が甘かったことが今になって非常に問題視されています。家庭用の太陽光発電ならば、搭載後に単に系統が通るかどうかの検査のみ、その後の点検制度が整備されていません。
法律で定期点検を求めているのは、出力20KW以上の太陽光発電システムに限られるているからです。家庭に設置されるのは3KW程度のものがメインですので、メーカーや設置事業者には点検義務はなし。保守・メンテナンスの責任を負うのは、あくまでも太陽電池を設置したオーナーということになります。
太陽光発電システムの構造や、点検・メンテナンスに詳しい方であれば、自力で故障などの問題を解決できるかもしれませんが、一般家庭の人たちはシステムが正常に働いているか確認する技術も知識もありません。
パネルの不具合を発見するには専用装置が必要ですし、配線部分の接続不良を見つけるため、実際に屋根に上って確認するのは危険が伴います。しかも接続不良を放っておくと、パネルが焦げる危険性もあるのです。
おかしいなと思いながらも放置しておくことで保証期間が過ぎてしまい、後から問題に気づき、泣き寝入りしているユーザーも少なくありません。

太陽光発電、載せ替え需要が発生中

今の太陽光発電の優遇制度を活用できていない、5年以上前に搭載された方たちは、そのまま古いパネルで得る少ない利益で、残ったローンを細々と払い続けますか?
仕方がない・・・いえ、ここは載せ替えという選択肢をぜひ検討してみてください。一般住宅は建築基準法に合わせて約10年で手直しが入りますので、そのタイミングに合わせて載せ替えしてみるのはいかがでしょう。今の固定買取価格制度が続いている間がチャンスです。
5年以上前に太陽光発電を搭載された方で初期投資ローンが残っておられる方は、今の少ない売電のままではなかなか回収できません。
ローンの残額を、思い切って載せ替えることで、今の高い買取制度を活用して短期間で返却してしまいませんか。新しい太陽光発電システムは載せてから10年、早い場合は7年の間に元が償却して返ってくると予測されています。
建築基準法に合わせた10年保証が切れる、11年目からリスクが発生することになります。だから10年が切れる9年目、10年以内で初期の状態に戻してあげることが大事です。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.