太陽光発電システムの「寿命」

太陽光発電は、「不動産投資」 寿命、活用、保証期間の関係

屋根の上に設置されている太陽光発電の故障は、パネルを眺めてわかるものではありません。
ただし、なんとなくおかしいな?と気が付くことはできます。
その一つが電力モニタの数値です。1日の発電量や最大発電電力が昨年より大きく落ちていたら、どこかに故障が隠れている可能性があります。
太陽光発電は前年同時期との比較を続けていくことが必要で、電力モニタを見守ることが大切です。
そして少しでもおかしいな?と思ったら、なぜそのようになったか原因を探りましょう。 今では、パネルの不具合を安全かつスピーディーに点検できたり、既設のパネルでさらに有効に発電させることができる画期的な商品も開発されています。

高額なお金を出したのに正常に機能していなかったら落ち込みますよね。

ご安心ください。【太陽光発電比較ナビ】では、太陽電池システムの故障診断サービスやパネルレベル出力最適化を可能にする保守メンテ用特殊サービスや商品をご紹介。不安や不満がある方はご相談ください。

太陽光モジュールの出力保証10年

太陽光発電の大手メーカーの10年保証では、最大出力の10%以上が損なわれた太陽電池モジュールについては無償で交換する事になっています。保証の期間内であれば、修理、交換の費用は掛かりません。
しかし、保証期間を過ぎたものには当然実費が掛かりますから、設置後10年を過ぎてから次々に故障が発見されれば、初期費用を回収できなくなる恐れも出てきます。修理、交換箇所の数にもよりますが、大変な額の出費が必要になる事もあるようです。
太陽光発電システムのメーカーの保証期間は、2つに分類できます。
太陽光モジュールの保証は10年、通常の保証ではなく、出力保証になります。10年間は、文字通り、"決められた出力を保証する"という意味です。
保証する出力は、「公称定格出力の90%の90%」、つまり0.9×0.9 = 0.81 ということで、81% ということになります。つまり設置後の10年間は定格出力の81%以上を保証する、と言うことです。

太陽光モジュール以外の保証期間

パワーコンディショナなどの周辺機器のメーカー保証期間は通常1年です。
どれくらい製品が長持ちするか。その期間を期待寿命といいます。 太陽光発電システムには、モーターなどの動く部分が無いため、期待寿命は長いと言われています。
太陽光発電モジュールの期待寿命の20~30年の間に必要となる維持費の中で、最も大きな維持費はパワーコンディショナです。
パワーコンディショナの寿命は10年から長くて15年程度で、単なる修理であれば数万円で済みますが、交換になると数十万円かかることを覚悟しなくてはなりません。

元を取るまでの回収期間

次の計算式を利用すれば、だいたい何年で初期投資額を回収できるか計算できます。
(導入費用 + 維持費 - 補助金) ÷ (1年間の売電価格)
最初の投資資金を何年で回収できるかを計算してみましょう。

計算で出てきた回収期間を短くすることはできます。
それは売電額を上げれば良いのです。
設置した太陽光発電が十分稼動しているか、確認してください。余剰電気を少しでも増やすにはまず発電する電気量が余るに値するほどなければならないということですよね。
確認のため、ユーザーさん自ら点検しなければなりません。現在の太陽光発電システムには点検制度が整備されていないからです。法律で定期点検を求めているのは、出力20キロワット以上の太陽光発電システムに限られ、家庭に設置されるのは3キロワット程度のものが主流なので、メーカーや設置事業者には点検義務はありません。つまり保安の責任を負うのは、あくまでも太陽電池を設置したユーザーということになります。もし不具合があって、十分に稼動できていない場合、その原因を追究して改善する必要があります。 また、売電単価が高くなるような電化契約を電力会社と結ぶことと、電力使用料金の高価な日中の電力使用をできるだけ控えることです。
以上のことを実行すれば、回収期間の短縮は可能となります。

VIS君

実は、問題があるか、ないかの発見だけであれば、5分程で診断可能な装置があるんです。
「太陽電池アレイテスターSOKODES(ソコデス)」という名前の装置なのですが、約5分という短時間で測定できるだけでなく、昼でも夜で、曇りの日でも、天候に左右されることなく、測定が可能です。
天候を気にする必要もなければ、家に梯子をかける必要もありません。
まずは、この「SOKODES」を使って、問題があるか、ないかをチェックしましょう。
気軽に診断、当サイトの登録業者さんへメンテナンス相談をぜひ、してみてください。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.