太陽光発電リフォームしたら
こうなった↑↑↑ vol.01

スマートな人は次々と載せ替えている 太陽光のスマートリフォーム(載せ替え)

「太陽光発電システムのリフォーム=載せ替え(当サイトではスマートリフォームと呼んでいます)」に、注目が集まっています。
太陽光発電のシステムは10年ほど前に比べて性能は改善され、システムの価格自体も安くなっています。太陽光発電のコストパフォーマンスを表す「kw単価※」で比較すると、約10年の間で半額近くまでプライスダウンしている状況です。
初期費用や重量による建物への影響が、より太陽光発電システムの設置がしやすい環境になってきている今、古いシステムから最新のシステムに載せ替える人が増えているのも当然の結果と言えるでしょう。
ここでは載せかえることで状況がどう好転するのか、具体的な事例を見ていきましょう。
※「kW単価」は、部品代や工事費など太陽光発電システムの全てを含めた価格を、そのシステムの発電量(kW数)で割って算出したもの。
早くから太陽光発電を搭載したものの得しているという実感がない …もしかして損しているのかもしれない。
10年前の導入ローンがまだ残っているけれども新しく載せ替えた方が実はローン返済の早道!
古いシステムのままでいるか・・・思い切って載せかえるか・・・

同じ条件下でも今のシステムなら発電量が格段UP

現在の太陽光発電システムはずいぶんと性能が上がり、システムの価格も安くなっています。 同じ屋根に搭載しても、今のシステムならば、発電できる量が各段に違います。 例えば、今のエアコンはかつてのエアコンに比べて機能が進化しており、買い換えれば電気代がとても安くなります。今、あるエアコンが壊れていないから、あえて買い換える必要はないと思う人と、買い替えする投資費用と電気代の削減を比較してどちらがお得か考える人、オーナーの考え方はそれぞれです。 しかもエアコンに比べ、太陽光発電はもっと大きな買い物です。 いくら初期費用が安くなった、発電量が増えるからといって、本当に載せ替えた方がいいものでしょうか?

太陽光発電システム 過去と現在の比較
●機能性/モジュール最大出力
10年ぐらい前 約150w
現在 平均約220w
●初期費用/平均kw単価
2003年 約70万
2013年 約36万

太陽光発電、載せ替え需要が発生中

今の太陽光発電の優遇制度を活用できていない、5年以上前に搭載された方たちは、そのまま古いパネルで得る少ない利益で、残ったローンの支払いをしていきますか?
ここは載せ替えという選択肢をぜひ検討してみてください。 一般住宅は建築基準法に合わせて約10年で手直しが入りますので、そのタイミングに合わせて載せ替えしてみるのはいかがでしょうか。今の固定買取価格制度が続いている間がチャンスです。
5年以上前に太陽光発電を搭載された方で初期投資ローンが残っておられる方は、今の少ない売電のままではなかなか回収できません。
ローンの残額を、思い切って載せ替えることで、今の高い買取制度を活用して短期間で返却してしまいませんか。新しい太陽光発電システムは載せてから10年、早い場合は7年の間に元が償却して返ってくると予測されています。
建築基準法に合わせた10年保証が切れる、11年目からリスクが発生することになります。だから10年が切れる9年目、10年以内で初期の状態に戻してあげることが大事です。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.