オール電化とオールガスの比較

電気とガス、どちらがお得になるのか比較してみましょう。

今話題の【オール電化】【オールガス】
【オール電化】は、日々の生活で使用する電気を全てまかなうことを言います。
一方の【オールガス】はガスの燃焼を利用して発電し、排熱利用で給湯や床暖房もまかないます。
オールガスは、オール電化と違って、家庭で消費する電力を全てガスで発電できる訳ではなく、ガスの力で使う電気を最小限に抑える、つまり"ガスと電気の併用生活"となります。
特に太陽光発電を設置する場合は、どちらが良いでしょうか。この2つを徹底的に比較してみましょう!

電気とガス
どちらも欲しいような気がするけれど、
安さ・安全性
さまざまな側面から比較し、生活スタイルに合わせて選んでいきましょう。

【オール電化】

家の中で使うものをすべて電化製品にしてエネルギーをまかなうことを【オール電化】と言います。ポイントはIHクッキングヒーターやエコキュート(電気給湯器)などの省エネ機器を使うことです。オール電化にすることで、「全部、電気にして大丈夫?」 「電気代が高いのでは」 「工事が大変そう」 など、漠然とした不安を抱えている人も多いようです。

オール電化のメリット

オール電化住宅で設置する設備機器は、以下のようになります。

  • 給湯:エコキュート、電気温水器
  • 調理:IHクッキングヒーター、ラジエントヒーター
  • 冷暖房:エアコン、蓄熱暖房機、ヒートポンプ式温水暖房(床暖、パネルヒーター)など
経済性のメリット
光熱費を電気に一本化することで、現在のガスの料金がゼロになります。 加えて、オール電化導入の際に、電力プランを「オール電化住宅向けの電気料金プラン」に変更し、夜間の割安な電力でお風呂のお湯や冷暖房を使うことで、電気代の削減も期待されます。
環境貢献のメリット
ガスを使わずに全てを電気にすることにより、二酸化炭素排出量も約半分となります。
安全性メリット
火事の原因で最も多いとされているのは、コンロからの出火です。オール電化にして火を使わないとことで、安全性のメリットが生まれます。消し忘れが心配なお年寄りや小さいお子様がいるご家庭で安全性を重視されるならば、【オール電化】がおすすめでしょう。

※エコキュートとは
エコキュートは、夜間の電気単価の安い時間に、空気の熱を利用するヒートポンプを使ってお湯を作る給湯器です。従来のガス給湯器のようにガスを利用するのではなく、「空気でお湯を沸かす」というまったく新しい方法で、ランニングコストの安さとCO2排出量も燃焼式給湯器と比べ約半分というのが大きなメリットになります。ただしエコキュートは、深夜にその日使うお湯を作るため、お湯を溜めておくタンクが必要になります。

太陽光発電システムとオールガスを併用すると

『太陽光発電+エコウィル』または『太陽光発電+エネファーム』、太陽光発電にこれらを組み合わせることで、太陽光発電の弱点である夜間の電気需要をカバーして、オール電化のメリットを最大限に活かせるようになっています。太陽光発電が、発電できない夜間の電力をガスによる発電と給湯で補います。エネファームやエコウィルで発電した電気を家庭で使用することにより、当然、太陽光発電で発電した電気の多くを、電力会社に売電でき、節約につながります。

VIS君

「お店で食べるような焼飯を作るのには強火のガス。電気のIHはでは、難しいような…」という声を耳にしますが、IHクッキングヒーターでも、もちろんおいしい焼飯は作れます。
実は熱効率で比べると、ガスよりも、鍋底を発熱させるIHの方が効率は高いです。IHには、自動湯わかしやタイマーなど便利な自動調理機能も充実していて、調理にはとても便利です。
ただしIHクッキングヒーターの場合、使用できる鍋が限られますので、使い慣れた鍋を活用したい人には、あらゆる鍋が使用できるガスコンロが良いかもしれません。またIHクッキングヒーターは鍋を激しく揺すれないので、鍋を振って料理をしたい!というようなこだわりのある方はガスコンロを選ぶようです。何を重視する点で、電気かガスか選択も変わってきます。イメージだけにとらわれず、自分たちの暮らしにとってのメリット ・ デメリットをよく見極める必要があります。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.