簡単にわかる。太陽光発電って何?

太陽の光を電気に変えるイラスト! 太陽光発電のしくみ

地球の未来のために、子どもたちの将来のために、あなたは何ができますか?
節約・節電・エコライフ…
たとえば、新エネルギーをとりいれた暮らしを始めることも、その一つ。
近年、環境問題や資源問題などへの関心が高まり、環境に優しい新エネルギーが注目されています。
中でも注目を集めているのが、太陽の光エネルギーを電気に変え、ご家庭で優先的に使うことができる太陽光発電です。

太陽光発電って高いでしょ…
なんて簡単に諦めないでください。
すでに自宅で太陽光発電を使用している方たちが大勢いらっしゃいます。

なんだか難しそう…
いいえ、何も難しいことはありません。
まずは太陽光発電とはどういうものか、興味を持つことからスタートしてみてください。

わかりやく、イラストで説明してみましょう。

太陽の光を受けて電気を作り、ご家庭で利用するにはさまざまな機器が必要です。
太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を屋根に置けば発電はできますが、それだけでは家にある家電製品を使用できません。

太陽電池モジュールとは

太陽の光から電気エネルギー(直流電力)をつくります。
ソーラーパネルと呼ばれることもあります。

パワーコンディショナとは

太陽電池モジュールで作られた直流電気を、家庭で使える交流電気に変換するものです。
太陽電池によって発電した電気は【直流】となります。
現在コンセントから電気をとっている製品のほとんどは【交流】で運転しているため、【直流】のままでは使用できません。
そのためパワーコンディショナで、【直流】を【交流】に変換する必要があります。
パワーコンディショナはシステム全体の運転を自動管理し、 屋根の太陽電池モジュールから一番効率よく電気を取り出せるような調整機能があります。

分電盤

発電した電気を各部屋で使えるようにコンセントに送ります。

電力量計

総発電量から使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ計測します。

電力モニタ

現在どれだけ太陽光発電しているか、家庭内でどれだけ電気を使っているかなど、リアルタイムに発電状況を確認できる装置です。
部屋の中の見やすい場所に置いて使うのが基本です。

示す単位の説明

kW(キロワット)

太陽光発電システムにおける単位は、電力の単位「kW」です。
k(キロ)とは1000を意味する記号なので、1kw=1000W(ワット)ということです。
自宅の電球の明るさを示す単位で、60Wや100Wって表示されていますよね。
ワットとは、発生する電気の量。
例えば、1kW(=1000W)なら、100Wの電球を10個点けることができるぐらいの電気ということです。

kWh(キロワットアワー)

「kWh」とは、電力量の単位で、1時間(h)あたりの電力消費量(kW)のことです。
1kWの電力を1時間使えば1kWhの電力量。
=つまり1kWhは1kWの1時間分の電力量ということです。

1kWhでできることは…
100wのドライヤー10時間
500wの電気ストーブ2時間
20wの蛍光灯50時間
多くの一般家庭で採用されているのは、3~5kWの太陽光発電システムです。
例えば、4kWの太陽光システムを導入すると、1時間で4kWhとなり、1kWを4時間使用できるぐらいの電力量になるということです。

太陽電池モジュールを使って太陽の光から電気エネルギーがつくられ、 パワーコンディショナによって直流電力から交流電力へと変換されることで、 ご家庭内の電気製品で、電気を使用できるようになります。
昼間に電気を発電し、ご家庭で使って余った分は、電力会社へ売ることが可能。
発電することができない夜は、電力会社から買電することになります。

モジュールでの発電をはじめ、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、難しい設定の必要はなく、すべてが自動運転で行われます。

どのような装置かはわかったけれど、
太陽の光がどうして電気に変身できるのかまだ想像できない…
→では、第2回でもう少し説明していきます。

VIS君

太陽光発電は、太陽光のエネルギーを電力に変換する発電方式です。
夏の暑い日など、屋根や道路が太陽に照らされて熱くなっていませんか?
そんな太陽の力を熱にしてしまう前に電気に変えてしまおう!というのが太陽光発電です。
太陽の寿命は約100億年。
太陽の年齢は現在で約46億歳といわれていますので、 あと54億年は太陽エネルギーの恩恵にあずかれるわけです。
こんな素晴らしいエネルギーを使わない手はありません!

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.