太陽光発電のメリット3/停電時も安心

停電時にも電気が得られる、災害時・非常時の電力確保

太陽光発電システムは自宅で電気を作ることができるため、
もし災害などで電気の供給がストップしても、
太陽光発電システムがあれば、日中の太陽が出ている時間帯は電気を使うことができます。
長期間停電している地域の場合、ある程度でも電力供給できることは、 一つの安心として備えることができるのではないでしょうか。
停電時にも、さまざまな場面で活躍するのが太陽光発電です。

停電時に太陽光発電の電気を家の中で使うことはできますか?

自立運転モードにして、専用コンセントに機器をつなぐと、停電時でも自宅で太陽光発電した電気を使えます。

まさかのときの自立運転モード

地震や台風などの災害により、もし長期間停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給でき、専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。
天候条件や時間帯によって制約はあるものの、専用コンセントを通じて、AC100Vが使用できます。(最大1.5kWhまで)

テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、水があればお米を炊いたりすることもでき、携帯電話の充電ができれば連絡用にも大きな助けになるでしょう。冷蔵庫が動けば、冷蔵が必要な薬品などの保存もできます。
電気が復旧するまで、さまざまな電化製品が使用することが可能になります。
使用できる電力の上限は最大1.5kWhまでとなっており、取扱い方法もシステムごとに異なります。電気が途絶えると破損する恐れのあるパソコンやHDDレコーダーなどでの使用には注意が必要です。

一般的な家電製品の消費電力は以下の通りです。※お使いの家電製品により異なります。実際にご利用になる際は、家電製品の裏面などに記載されている消費電力の項目をご覧ください。

冷蔵庫 150~600W コタツ 600W
トースター 1000W ハロゲンヒーター 500~1000W
電子レンジ 1300W 液晶テレビ 150W
炊飯器 1300W(炊飯時) ノートパソコン 50~150W

停電時の太陽光発電電力供給のしくみ

通常、電力会社から送られてくる電気は、電線を経由して自宅の屋内分電盤を通り、家庭のコンセントに電力を供給します。
しかし、停電した場合、電力を供給することが出来ません。
太陽光発電が設置してある住宅の場合、太陽光発電モジュールを通じて、発電された電気がパワーコンディショナに通ってきます。
停電時以外は、ここから屋内分電版に電気が送られますが、停電しているためこちらに電気を送ることはできません。
そのため、パワーコンディショナに接続してある自立運転用コンセントまで電気が送られます。
停電時はこの「自立運転用コンセント」にプラグを指すことで、発電量に応じて電気を使うことができます。

重いパネル…地震などで屋根が潰れたりしませんか

災害時に役立つ太陽光発電ですが、その一方でかなりの重量のパネルを屋根に搭載することで、地震などで屋根が潰れたり、パネルがずり落ちたりしないか?という心配や不安の声も聞かれます。
東日本大震災における太陽光発電の実情をまとめた某レポートでは…
太陽発電を設置している家屋と、設置していない家屋では破損の違いはなかったという結果が出ています。ソーラーパネルを設置していたおかげで屋根の破損を免れているケースが多かった、という話もありました。ソーラーパネルを設置する際には架台を設置しますが、これが屋根の安定に役立つ結果となったようです。
こういった報告は新潟県中越地震の後でも報告されており、ソーラーパネルを設置したからといって、地震による家屋の倒壊が増すことはないと考えていいのではないでしょうか。

太陽が出ている間は非常用電源を確保することが出来る太陽光発電。
現在、自立運転コンセントを備えた太陽光発電の機種は90%近くにまで上っているそうです。

VIS君

大きな災害でライフラインが止まってしまった場合、とても困るのが電気です。
水は支給された水を使うことができますし、ガスはカセットコンロがありますが、電気は支給されることはありませんし、携帯できるものでもありません。
電気の復旧が長期にわたる場合があります。そこで太陽光発電の出番です!
太陽さえ当っていれば発電することが出来るシステムですので、災害時・非常時に備えるという意味でも有効なシステムとなることでしょう。
ただし上記でも述べましたが、自立運転コンセントの容量には限度があり、1,500Wが上限です。エアコンやオーブンレンジなど、大電力を要するものは起動しないか、動作が不安定になります。災害時に使用する必要のある電気機器はその容量を確かめた上で、あらかじめ、どの機器を使用するのか決めておくと、いざというときに素早く対応できるでしょう。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.