太陽光発電のメリット1/光熱費

月々の電気代が大幅に下がる家計費から見たメリット

太陽光発電を始めると、ご家庭の電気代はどう変わるのでしょうか。
太陽光発電された電気は全て、電力会社に売るのではなく、
自分の家で使う分をまずは消費するという仕組みになっています。
そして家で消費して、それでも余った余剰電力を電力会社に売る…
つまり太陽光発電ができる昼間は電気を節約して、
余剰電力を増やせば増やすほど家計が潤うという仕組みです。
ご家庭で使用する電気代を節約可能にできる、それが太陽光発電です。

太陽光発電は環境に良さそうだけど、興味ない…
確かにエコ、だけど、それだけではありません!
太陽光発電で光熱費を大幅に下げている人たちが大勢います。

電気代がお得になる
そこから興味を持っていただくのも大正解です!
太陽光発電でどれだけ電気代がお得になるの?からスタートしてみてください。

昼間の電気が太陽光でまかなえてお得

昼間は、太陽光発電でつくった電気で、 照明やエアコンなどのさまざまな電気設備をまかなうため、 電力会社の電気をあまり使わずにすみ、電気料金を削減できます。
もちろん、天気が悪い日や夜間などは電力会社から電気を買わなければなりません。
しかし、常時、電気を購入することを考えると、大幅に光熱費が節約可能!
特に各電力会社が電気使用料金の値上げを打ち出しており、夏の冷房・冬の暖房の時期など、需要の大きい時期には特に削減効果が期待できます。

太陽光発電とオール電化を組み合わせでさらにお得

オール電化と組み合わせれば、ガス料金も削減することができ、
さらには時間帯別の電気料金になるため昼間の高い電気代での使用を抑えることができ、
さらにメリットが出て光熱費を大幅に節約できます。
システム容量と光熱費の使用状況によっては、実質「光熱費ゼロ住宅」も夢ではありません。

★例えば…共働きで日中、ご家族はほとんど外出されている方

ご夫婦が共働きのため、昼間ほとんどご自宅にいないご家庭の場合は、昼間に発電した電気のほとんどを売電に回すことができます。
現在は、固定価格買取制度で売電価格が10年間38円/kwh※で、売電収入を得ることができるため、売電収入で得られた分は電気代やローンのお支払いに回すことが可能です。
※売電価格38円は平成26年3月末までの価格、太陽光発電システム10kW未満設置の場合

★例えば…専業主婦やお子さんがいるご家庭で、昼間にたくさん電気を使う方

子育てファミリーや専業主婦など、昼間にたくさん電気を使うご家庭では、 発電した電気を有効活用して電気代をお得にすることができます。
夜間は発電できないため、電気を買わないといけませんが、 それも夜間の電気料金を安価に利用できる「時間帯別電灯契約」などを契約することで、 電気料金を節約できます。

VIS君

太陽光発電システムの設置をきっかけに、 家族で省エネ意識を高めることができます。
「発電モニター」を目立つ位置に置いておけば、 お父さんや子供たち家族全員で自然と省エネの意識が芽生えます。
節電の意識が高まるのは素敵なことです。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.