太陽光発電用語集(あ行)

 行

アモルファスシリコン太陽電池

太陽電池には、結晶シリコンやアモルファスシリコン、化合物半導体を用いるものがあります。アモルファスとは「無定形の」という意味で、結晶学的には、非晶質、非結晶のこと。規則的な原子配列を持った「結晶シリコン」に比べると、結晶構造がやや不安定で、電子移動度も低い反面、薄膜として加工しやすく、安価に大量に製造できるという利点があります。このため、薄型の液晶パネルを量産する際にアモルファスシリコンが多く用いられます。

インバータ

インバータとは、直流電力から交流電力を電気的に生成する(逆変換する)電源回路、またはその回路を持つ電力変換装置のことです。逆変換回路、逆変換装置などとも呼ばれます。制御装置と組み合わせることで、省エネルギー効果をもたらすことも可能なため、近年、利用分野が拡大しています。

薄膜型太陽電池

結晶シリコンや非結晶シリコン(アモルファスシリコン)をガラスなどの基板の上に蒸着させ、1μm内外の非常に薄い膜として形成させて作られた太陽電池のこと。大面積化が可能で量産もできるという特性を持つため、太陽電池の次の方式としてと注目を集めていますが、結晶系シリコンと比べれば性能面に劣るといった課題も残っています。

売電【うりでん】

自家発電設備を持つ企業や太陽光発電設備を持つ一般家庭などが、余った電力を電力会社などに売ること。※【ばいでん】と呼ばれることもある。

エコキュート

ヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称です。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.